総量規制対象外カードローン

総量規制法

個人の借入総額が、年収の3分の1までに制限される仕組み
つまり、年収の3分の1までの額までしか借入する事が出来ない事となります。(住宅ローンやマイカーローンは含まない)

 

収入のない専業主婦の方は借入する事ができないのか?

結論から言えば、専業主婦の方でもカードローンでお金を借りる事が可能となっています。
ただ、どこからでも借りれるといったわけではなく、借りれる金融会社が限られています。

 

では、どこからなら借りれる事が出来るのか?

 

それは、銀行のカードローンです。銀行のカードローンは、総量規制対象外のカードローンとなっているので、収入のない専業主婦の方でもお金を借りれる事が可能となっているんです。

銀行

 

銀行カードローン以外の、アコムやプロミスといった消費者金融系は、総量規制内のカードローンとなっているため利用が難しくなっています。

 

すなわち、専業主婦の方がお金を借りるのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンを利用すればOKなんです。

 

でも、カードローンって家族や旦那にばれてしまうのでは…?

 

大丈夫です、カードローンを利用する時に旦那さんに連絡が入るような事はありません。旦那さんに内緒にしておきたい場合でも、安心して利用する事が出来ますよ。

 

また、申込みも簡単で、今はネット上で申し込む事が可能となっています。ネットで申込して審査結果を待つ、審査後に借入するといった流れになります。

 

来店不要で利用する事が出来るので便利ですよ。誰かに見られるかも…といった心配もありません。
下記に、専業主婦の方に人気の銀行カードローンを紹介しているので参考にして下さいね(^^)/

 

みずほ銀行
【みずほ銀行】

専業主婦の方に1番人気なのが、みずほ銀行のカードローンです。誰もが知るメガバンクなので安心感も抜群ですよね。
みずほ銀行のカードローンは金利も低金利設定となっていて、専業主婦の方も利用しやすくなっています。
現在みずほ銀行の口座をお持ちの方は、Web完結申込みの利用が出来、申込みから契約までネット上で簡単に行う事が出来ますよ。
専業主婦の方は、まずみずほ銀行のカードローンを利用してみるといいでしょう。

 

 

 

≫みずほ銀行公式サイトへ

レイクレディ
【新生銀行レディースレイク】

新生銀行から発行されているカードローン「レイク」も主婦の方にお勧めです。レイクは、女性専用のレディースキャッシングサービスを設けているので、女性の方でも安心して利用する事が出来ますよ。
また、初めて利用する方には、お得な無利息期間プランを利用する事が可能となっています。
借入額の5万円までを180日間無利息or借入全額を30日間無利息、と2つの無利息プランから自分に合ったプランを選ぶ事が出来ますよ

 

 

 

≫レイク公式サイトへ

イオン銀行
【イオン銀行】

イオン銀行のカードローンBIGは、100万円までの借り入れであれば、収入証明書の提出も不要で利用する事が可能です。
金利も低金利設定となっているので、専業主婦の方も利用しやすくなっていますよ。
また、月々の返済が3000円からと負担少なく返せて行けるのも嬉しいポイントですね。

 

 

 

≫イオン銀行公式サイトへ

 

専業主婦のお財布事情

お金が自由に使えないし、なんだかんだ言って肩身が狭い

独身時代は欲しいものがあればちょっと奮発しようかなぁという気持ちでお洒落に力を入れていましたが、全く出来なくなりました。

 

化粧品もブランドコスメからドラックストアに置いてあるちふれに変更しました。洋服も今じゃユニクロ一筋になっています。一万円以上の洋服1着なんて今じゃ考えられません。

 

節約本を読んで食費を浮かせたりしています。また私の家の場合、旦那と私も持病持ちで医療費が結構掛かる事です。医療費が毎月家計に響くので不要品をヤフオク等で処分したりいらない物はお金に換算出来る様に処分しています。

 

本でもいくら古い本でもまずは売りに行くといった姿勢をしています。交際費はとにかく自分とあまりにも金銭感覚が違うお友達とは付き合えないなと感じた事です。

 

旦那さんの稼ぎが良くて1000円近いランチをしても平気、ブランド服を着ても平気なんて人とは付き合う事ができないなと感じました。同じぐらいの人としか付き合えないのですがそれがなかなか難しいです。

 

また逆にこっちもそんなにお金を持っていないのに何かとクレクレの人もいますのでちょうど良いお友達に出会うのも本当に難しいです。

 

食費は幸い安くなるレシピ本を参考にしています。そして旦那の実家が田舎なのでお米とかタダで貰える事が多くそこが助かっていると実感しています。

 

専業主婦で旦那さんのお給料からお小遣いを貰っているという方もおられますが、私は貰っていません。
ですが専業主婦というだけで「お金持ちで働かなくて良いのね?」という勝手な思い込み対応をされたりと結構肩身が狭いのが嫌です。

 

結構カツカツでお金に困ってて苦しいけどやりくりしてるんですよ!と言いたいのですがそれが言えないのが現実です。
実際、専業主婦の方でカードローンなどでお金を借りている人は多いですからね。まぁ、私もそうなんですが…。

 

専業主婦=お金を持ってるというのは大きな間違いですね。

 

 

専業主婦の節約とお金

専業主婦になり2年なります。出産を機に退職しました。子供が生まれ主人のお給料だけでの生活は毎月ギリギリです。主人のお給料は増えません。

 

ただ子供が3歳までは保育料が高く競争率が高くて入園は難しいためパートにでて収入を増やすことはできません。
なので節約して赤字にならないように耐えてます。

 

食費も主人は以前は外食でしたが節約のためお弁当と水筒を持参してます。毎朝会社に出社するときに飲むコーヒーはやめられないので段ボールで缶コーヒーをまとめ買いしてコンビニで買うのをやめてもらいました。

 

食料品や日用品も安いときに買いますがまとめ買いはストック一つと決め、無駄買いはさけてます。生鮮食品は夕方値引きを狙い購入します。

 

食品やガソリン、公共料金などはカード払いできるものはカードにしてポイントで還元させてます。
最近はママ友との交流も増え交際費もかさみます。ただ付き合いは大事、おしゃれもしたい。

 

服は中古のリサイクルショップやフリマやネットオークションで購入してます。
ランチもはじめは外食してましたがお金がかかるので家で作ったものをもちより交際費をへらしてます。

 

子供のおもちゃもオークションや手作りですが本は図書館を利用さて気に入った本はカード払いしたポイントでネットで購入してます。

 

節約できる部分は節約してますが健康を第一に節約を表には出さないようにだけ心がけてます。
しかし、同じ世代で専業主婦のママ友に会うとやはり我が家との違いに愕然とさせられます。

 

同じように子供がいるのにマイホームをもち子供たちには好きなように玩具を買い可愛い洋服を着せて車もあって。なぜ旦那様は主人より若いのにどれだけお給料が違うのか羨ましく感じます。

 

主人のお給料が増えて欲しい。ただ休みなく一生懸命に働く主人には愚痴れません。景気が良くなることを願ってます。